あなたは大丈夫?気になる白髪には白髪染めを使いましょう

自宅で白髪染めをしてわかったデメリット

白髪が目立ってくると、全体的に老けて見えてしまうので、まずは自宅で白髪染めをすることにしました。

 

白髪は頭の目立つ場所にあるものの、あまりたくさん白髪があるというわけではないので、とりあえず全体の白髪染めではなく、部分染めの商品を購入して試してみました。
白髪染めを綺麗にする方法

 

白髪染めをすることは初めてでありましたので、家族が風呂にすべて入り終わってから夜遅くに一人で始めました。

 

それから何回か白髪染めを実行しましたがそのうち自分で自宅で白髪染めをするデメリットもわかってきました。

 

一つ目は購入した白髪染めの商品はしっかり染まるという宣伝でありましたが、やり方があまりうまくないのかまだら状態になってしまうことが多く、お世辞にもうまく染まっているわけではないことです。

 

二つ目にはかなり臭いがきついということです。

 

新しく発売されるような新商品では徐々に改善されてきたようですが、それでも目に痛いような刺激臭がして、風呂場や脱衣所に数日間臭いがこもってしまうことがあります。

 

最後に白髪染めの薬剤が衣服やタオルについてしまうとまったくシミが取れないことです。

 

今まで、かなりのシャツやタオルを誤って薬剤をつけて捨ててしまうことになってしまいました。

 

デメリットが分かったことですので、それを解消しながら自宅での白髪染めをしなければなりません。

白髪染め前に必要なパッチテスト

 

髪に色素を定着させる白髪染めは、見かけを整える上では必要な行為であるとはいえ、人体にとっては良いこととはなりません。

 

見かけは泡のようだったりクリームのようだったりしても、要は髪にペンキを塗るような行為が白髪染めなので、頭皮が健康な状態にない時にはその大きな影響で、重度のアレルギー症状を起こしてしまう場合もあります。

 

アレルギーを発症してしまえば、白髪どころの話ではなく、頭皮の炎症や抜け毛や、酷くなれば体内にまで浸透して呼吸困難といった症状を起こすことにもなるでしょう。

 

白髪染めからのトラブルの発生を未然に防ぐために、白髪染めの前に行っておくべきことがあります。

 

それがパッチテストです。

 

パッチテストとは簡易的アレルギーテストのことで、腕の内側の皮膚など比較的薄く敏感な所にアレルギー反応をみたいもの、白髪染めの場合はその液剤をつけて、時間の経過とともにその変化を見ます。

 

赤くなったり痒くなったり、皮膚に異常が現れたらNG、そこで何ごともなければ晴れて白髪染めを使うことが可能となります。

 

利用前にわざわざそうしてテストするのは面倒なことですが、己が体を守るためと割り切って、軽く考えてしまわずにパッチテストに取り組んでいきましょう。

品質の良い白髪染めを選択するように

 

年齢が高くなってくると、誰でも白髪が出てしまう状態になるのですが、この状態を当然のこととして何も対策しない人も多いですが、白髪の量が多くなってくるとどうしても年齢を感じさせてしまうのです。

 

そんな事から、白髪をうまくコントロールして若い見た目を保つ事が大事であり、その貯めに品質の良い白髪染めを探すようになります。

 

白髪染めは、近くの雑貨店やドラッグストアなどに足を運べば様々なメーカーの商品が売られていて、これらの中から良いタイプを選べば良いのです。

 

価格も安いので、気になる物があればいくつか購入し実際に使って良いタイプを選んでいくのです。

 

ただこのような、安いタイプの白髪染めは化学薬品が使われているタイプとなり、髪の毛が痛むという考え方もあります。

 

自然派の白髪染めを使っていくことにより、髪の潤いを整えながら白髪をうまく染めていくという方法があるのです。

 

このようなタイプになるとかなり価格が高くなりますが、毎日のように自然派の白髪染めを使うようにしていけば、髪の毛のコンプレックスで悩むことがなくなるはずです。

 

そんな事から、使い勝手が良くて仕上がりが綺麗な白髪頭目を毎日使っていくように、良い商品を選ぶのです。